1961年のウォルフガング・フォン・トリップスのF1クラッシュ


1961年F1第7戦イタリアGPで生涯初となるポールポジションを獲得したがスタートに失敗し、2周目にロータスのジム・クラークを抜こうとして接触事故を起こした。当時シートベルトの着用は義務化されていなかったこともあって事故によりフォン・トリップスはコースに投げ出され即死し、またこの事故に巻き込まれ観客14人が死亡する大惨事となった。この瞬間は映像に残されており、F1死亡事故の初期の映像として知られている。

Originally posted 2015-11-10 21:06:51.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA