錦織圭 棄権…左足にテーピングもわずか14分、全英不安

Pocket

錦織 棄権…左足にテーピングもわずか14分、全英不安

スポニチアネックス 6月21日(日)7時1分配信

錦織 棄権…左足にテーピングもわずか14分、全英不安

第1セット途中で棄権し、観衆に手を上げあいさつする錦織(AP)

◇男子テニス ゲリー・ウェバーオープン(2015年6月20日)

シングルス準決勝で世界ランキング5位の第2シード、錦織圭(25=日清食品)は世界45位のアンドレアス・セッピ(31=イタリア)と対戦したが、第1セット途中で左脚に痛みを訴えて棄権し、決勝進出はならなかった。錦織は左ふくらはぎにテーピングをしていた。29日に開幕するウィンブルドン選手権(英ロンドン)に向けて不安が残る結果となった。

【写真】左足にテーピングをしてプレーする錦織、結局第1セット途中で棄権

わずか14分。左ふくらはぎにテーピングを施して登場した錦織は、出だしから全く足が動かず、第1ゲームでいきなりブレークを許した。なんでもないボールを空振りし、一度も全力で走る姿は見られなかった。1―4とリードされた後、試合続行を断念。「ふくらはぎに炎症か何かを起こしていると思う。19日の試合(準々決勝)の後半に痛めた。朝起きて凄く痛みがあった。そこまで大きなケガではないと思う」と軽症を強調したが、ウィンブルドンへ黄信号がともった。

肉体強化もあり、今季はケガとは無縁で順調だった。「サーブの着地で痛めたので芝の影響ではない」と原因を明かし、今後は検査を受ける方針。この日は痛み止めも服用していた。フルセットの接戦となったヤノビチ(ポーランド)との準々決勝後には「クレーやハードとは違うところが痛くなるし、疲労もたまる」と明かしていた。昨年は4月のバルセロナ・オープンでクレー初優勝を飾ったものの、続くマドリード・オープンでは決勝に進みながら、腰の痛みなどで第3セット途中で棄権。全仏オープンでは左ふくらはぎの痛みに耐えて強行出場も、1回戦で敗れて常にケガと隣り合わせで戦っていた。
引用:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000020-spnannex-spo

Originally posted 2016-01-09 23:13:20.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA