【清原引退セレモニー】現役引退挨拶 (完全ノーカット版)

Pocket

2008年10月1日 京セラドーム大阪
現役最後の試合を終えた後のセレモニーで「引退挨拶」をする清原和博選手。

【挨拶字幕付】
※プレイヤー右下の[字幕]クリックで字幕ON⇔OFFになります。

『皆さん、本日は清原和博の為に、そしてオリックス・バファローズの為に来てくださり、本当にありがとうございました。
プロ入りして23年間、色々ありましたけれども、今日、子供の頃、いつもテレビで観ていた世界の王さんから花束をいただき、心から感謝しております。

そして11年間、僕を育ててくれた西武ライオンズ。
昨日、渡辺監督をはじめ西武ナインに、そしてファンの皆様に胴上げをしていただき、この場を借りてお礼を申したいと思います。
西武ライオンズ…ありがとうございました。

そして自分の夢であったジャイアンツで9年間お世話になり、辛い事、悔しい事、たくさんありました。
それでも一番の僕の心の支えは、球場に帰って来た時、ファンの皆さんの温かい声援と拍手でした。
ジャイアンツファンの皆さん、9年間どうもありがとうございました。

そしてオリックス・バファローズに入団しましたが、思うように活躍できず、大阪、そしてオリックス・バファローズの皆さん、本当に申し訳ありませんでした。
でも今年はチームはクライマックスに進みます。
僕は出場できませんが、オリックスの若い選手は必ずやってくれると信じています。
そして…このユニホームを着させてくれた…天国の仰木監督。
今日はイチローもシーズン終わってすぐ来てくれました。ありがとうございます。

阪神タイガースの金本選手は僕が足を怪我したら、ファンの中に混じって治療器を持って立ってくれるような、そんな男でした。
金本選手、金もっちゃん、ホンマにありがとう。

本当に、大阪、そしてオリックスのユニホームを着た事を誇りに思い、今日、引退させていただきます。
全国のプロ野球ファンの皆さん、23年間、応援どうもありがとうございました。』

Originally posted 2016-02-05 22:44:26.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA